私と私の猫の他は誰でも隠し事を持っている

野良プログラマ発、日々のアウトプット

音程・テンポが自在なミニプレーヤ Vox.app を山ライオンでもそのまま使う

Lion 時代の Mac アプリで Vox.app というミニプレーヤーがあるんですが、こいつが再生の際に音程・テンポを自在に設定できるという大変有り難い機能を持ってまして、採譜時の耳コピや、曲の調を変えて音源と合わせて練習する時なんかで便利に使ってました(↓)。

f:id:mariyudu:20130526172439p:plain

それが Mountain Lion にアップデートした後から動かなくなった(再生ボタンをクリックしても反応せず)ので、開発元に行って山ライオン対応版をダウンロードしたところ、音程・テンポの調整機能が無い全く普通のプレイヤーに何故か変貌してました。さてこれは困った。何とか古いままのアプリ(自分のはver.0.2.7.1)を動かせないだろうかとあれこれ調べたら、どうやらアプリ内の libbass.dylib というダイナミックライブラリを入れ替えればいい模様。以下の手順で行います。尚、この行為はアプリケーションの内部に手を入れることになるので、予めアプリを複製してバックアップしておく等、各自の自己責任で行なって下さい。

  1. ライブラリの開発元である http://www.un4seen.com/ から、BASS Audio Library をダウンロード(自分が DL したのは ver.2.4.10)。
  2. 解凍したフォルダ内にある libbass.dylib を、ターミナルでアプリケーション内のそれと差し替える(こんなかんじ↓)
cp libbass.dylib /Applications/Vox.app/Contents/Frameworks/

さて、この便利なアプリを使って某イベントの練習練習…